ファクタリングはどのような場合におすすめできるか

subpage01

中小企業の経営者の方であれば、銀行融資審査に落ちた場合や、資金調達を速やかに行う必要があるという場合は少なくないものでしょう。


そのような経営者の方に最もおすすめできる方法がファクタリングです。

ファクタリングのおすすめ

ファクタリングは一般的な銀行の融資と比較すると審査がゆるい傾向にあります。



そのため、資金繰りで困っている場合においてもファクタリングによって救われるというケースは少なくありません。
ファクタリングの審査基準は、申し込んだ債務権利保有企業の信用よりも売掛先の信用が重要な評価ポイントとなっています。


つまり売掛先の会社が確実に支払うことができるかどうかを重視して審査を行うこととなっています。

審査基準は売掛先の信用性、売掛金の入金日、保有会社の信用が基準となります。
銀行の融資と比較すると、会社経営者の人柄なども審査基準に含まれますので、より実態に沿った基準で判断されることが特徴です。


機械的銀行の審査とくらべて、融通がききやすい点がお勧めできる理由です。

ここでわかることは、銀行からの融資は借りる企業の信用性のみが集中的な審査を通過しなければ行けないのに対して、ファクタリングは売掛先の信用性が最も大切となるということです。

現在資金繰りに困っている場合にはまさに渡りに船ということもできるでしょう。
どのような業者を選定すればよいのかは、おすすめできる業者を一括して比較検討できるサイトがありますので、ぜひ一度アクセスしてみることをおすすめします。