赤字決済でもおすすめなファクタリング

subpage01

資金調達のために銀行やノンバンクから融資を受ける際には貸金業法に基づいた厳正な審査が行われるため、過去の運用実績や財務状況、事業計画などを勘案した結果返済能力が厳しいと見なされることがあれば限度額が低く設定されたり融資そのものを断られたりして必要な資金を得られないケースも少なくありません。

西日本ファクター MSFJ

そんな中で登場したのが赤字決済でも利用できるファクタリングサービスで、資金を調達するためにおすすめの方法です。

ファクタリングでは一般的な融資とは異なり売掛債権をサービス提供会社に売却することで資金を得るため、重視されるのは売掛先の企業の運営状況となります。



したがって利用者の企業が赤字決済だったとしても売掛先の運営が健全ならば、サービス提供会社は貸し倒れなどのリスクを負う必要が無いためファクタリングが利用できるケースもあります。
また、借金をする場合と違い利息の返済の必要も無く売掛債権の売却を行う1回の手続きだけで済むのも、赤字決済で苦しい状況だからこそおすすめできる理由です。


これまで資金を調達する方法と言えば金融機関から融資を受けることに主眼が置かれていることから、赤字決済の企業では他に方法が無く経営に窮するケースも少なくありませんでした。その一方でファクタリングのサービス提供会社が展開しているプランの中には赤字決済でも受け付けているケースもあり、リスクを最小限にして資金調達をするにはおすすめの方法です。