おすすめのファクタリング利用方法

subpage01

ファクタリングとは、企業が抱えている未入金の売掛金を買い取ってもらうシステムのことを言います。
日本の企業では先に商品などを納品して後から代金を回収する信用取引が一般的です。そのため貸倒れなどで資金難に陥る企業も少なくありません。

そこでおすすめなのがファクタリングです。

今までになかったファクタリング会社のランキングに関する情報を公開中です。

ファクタリングには、買取型と保証型があります。

買取型は、ファクタリング提供会社に売掛債務を売却し、手数料を引かれた分の金額を受け取るシステムです。

この取引に対する審査対象は売掛先の信用力が決め手となるので、中小企業でも利用しやすく審査も通りやすいというメリットがあります。


また、利用する企業と提供会社との2社間取引きと、売掛先を含めた3社間取引きの2種類があります。


すぐに資金調達が必要な場合は買取型がおすすめです。



保証型は、買取型とは違い保証会社が保証金を支払ってくれるサービスです。



売掛先に対して、信用力に不安がある場合や倒産の可能性がある場合に、貸倒れのリスクを回避できるというメリットがあります。

ファクタリング提供会社が企業や売掛先の調査を行い保証の枠を決定します。


決定した金額の枠内であれば、売掛債権の保証をしてくれるというシステムです。売掛先との契約時に債権譲渡を禁止する事項が記載されている場合は買取型が利用できないので、保証型がおすすめです。
この保証型は売掛金の回収が不可能と判断された時点で保証金がもらえる場合と支払いの遅延でもらえる場合と様々なので、しっかりとした比較検討が必要になります。